morasia

Tokyo Japan

 /

Vietnam

RecruitMember

 
member

Mami

セールス&マーケティング部

セールス・ディレクター

Sales & Marketing

Sales Director

Join:2021

私のミッション

IT人材が不足する現代社会で、社内のシステム開発のリソースが足りない、新しくシステムサービスを立ち上げたいなどの課題を抱えているお客様が多く、私はそれらの課題解決に向けたご提案や、自社サービスの立ち上げを担当しています。

具体的には、新規のお客様の場合は様々なシステム開発を比較検討されていることが多いので、モアアジアの強みや弱みなどの特徴を説明しています。
またオフショア開発特有の言語や文化の壁を気にされているお客様も多く、開発者の言語レベルやカバー体制についてはもちろん、プロジェクトの細かい部分について当社のエンジニアを交えてお話しし、開発面からしっかり理解と納得をしていただけるように提案しています。

自社サービスの立ち上げに関しては、研修や社内の効率化などを目的に、社内で使用するシステムを運用しているもので、私は機能要件やUI/UXの案をまとめる作業を行なったり、全体のスケジュール管理を行なったりしています。

仕事で体験した壁

今まで私が勤めていた会社では、BtoCのソフトウェアのサービスで、開発というよりはサービスの機能面のご提案をすることが多かったのですが、モアアジアはシステム開発を提供する会社なので、お客様から求められることが全く異なりました。
打ち合わせで何を聞くべきなのか、どういった提案をすればいいのかが分からず、先輩にフォローいただいてばかりで、もっと自分自身の言葉で話せるようにならなければと、とても悔しかったのを覚えてます。

このままではだめだと思い、⾃分のITやシステムに関する知識をとにかく増やすため、専⾨⽤語や仕組みを勉強し、商談やミーティングには社内・社外問わず、積極的に参加させていただきました。
先輩と商談に参加し、どんなことを話すのかを学びながら議事録や事務周り等できることから⾏うようにした結果、少しづつではありますが打ち合わせ内容が理解ができるようになりました。理解すると同時に、このような課題であれば得意なエンジニアがいるな、など社内のリソースについて考えられるようになったのが、私⾃⾝⼤きな成⻑に繋がったと感じています。

⾃社サービスは開発サイドと話し合いを重ねながら準備を行っていますが、社内の優先度がどうしても低くなりがちです。このため開発や営業側の準備に遅れが生じないようメンバーやタスクごとの進捗をコントロールしなければならないのですが、そういった動きについてはまだまだ⾃分⾃⾝の課題です。

お客様と信頼できるパートナーになるために

商談に同席した時、お取引しているお客様から「モアさんは誠実さがあるので、そこが決めてです」との言葉をいただきました。

その言葉をいただいたときに嬉しく感じたと同時に、私も同じ意見でした。

私はモアアジアの人柄が大好きで、私が入社した理由も、面接で感じられたモアの誠実な部分でした。
選考中にできるかぎりのリアルを伝えてもらって、いいところもダメなところも理解した上で入社できたので、入社してから2ヶ月という期間ですが、毎日が充実しています。

まだまだ自身の課題はたくさんありますが、モアの「誠実さ」を大切にし、よりお客様に喜んでいただけるように仕事を進めていきたいです。